スポンサードリンク


2009年11月10日

警察犬審査会:78頭が成果競い−−島田 /静岡

犯罪捜査などで活躍する警察犬を選ぶ審査会が島田市横井の大井川緑地公園でこのほど開かれた。訓練士40人に付き添われ、シェパードなど78頭が参加。日ごろの訓練の成果を競った。

 審査は、5枚の布から、あらかじめかいだのと同じにおいの1枚を選ぶ「臭気選別」▽隠れている被疑者の逃走を阻む「警戒」▽長さ約70メートルのコースから遺留品を探す「足跡追及」−−の3科目。審査を通過した犬は来年1月1日から1年間、警察犬として活動することになる。

 今年に入って計12回の捜査に参加したという警察犬の飼い主、沼津市下河原町の水産会社経営、鈴木勝己さん(56)は「規則正しい散歩や食事を心がけて訓練している。できるだけ多くの捜査で、解決に協力したい」と話した。



posted by 鏡犬太郎 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンキードッグ:“サル”者も容赦せず 猿追い払い犬育成訓練始まる−−名張 /三重

田畑などで農作物を食い荒らす猿を追い払おうと、猿追い払い犬(モンキードッグ)の育成訓練が9日、名張市青蓮寺で始まった。同市と奈良県宇陀市の農家の飼い犬など12頭が認定に向け、3月まで、飼い主とともに毎週訓練する。

 獣害対策に取り組む宇陀・名張地域鳥獣害防止広域対策協議会の主催。青蓮寺など猿被害が深刻な地域では、花火や爆音機などで追い払いをしているが、においに敏感で追い掛ける習性がある犬の活用が注目されているという。

 この日、10月の適性テストに合格した、ラブラドルレトリバーなど、生後約半年〜9歳の候補犬が集合。県警嘱託警察犬指導員の碇良博さん(61)=伊賀市沖=の指導を受けながら、「伏せ」「待て」などの指示に従ってグラウンドを歩いたりした。歩行訓練や、実際に猿を追いかける実地訓練を経て、3月に認定式がある。

 5月生まれの甲斐犬を連れて参加した名張市青蓮寺のブドウ園経営、栢本健司さん(47)は「うまくいったら朝夕のパトロールをする必要がなくなる」と期待した。

毎日新聞 2009年11月10日 地方版


posted by 鏡犬太郎 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

肩まで107センチ 世界一のノッポ犬認定

米カリフォルニア州南部サンディエゴで飼われている4歳雄のグレートデーン犬が12日、世界一背の高い犬として英ギネス・ワールド・レコーズに認定された。AP通信が報じた。

 チタンという名前で、床から肩までの高さが107センチ。体重は86キロで目と耳が不自由という。カリフォルニア州では8月、世界一の“ノッポ犬”としてギネスに登録されていたグレートデーン犬が死んでいる。(共同)

 [2009年11月13日11時36分]
posted by 鏡犬太郎 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。